ike_141022yokai04

妖怪ウォッチ第39話が放送休止、アニメ専門チャンネルやネット配信で。

10月10日にテレビ東京系で放送された人気アニメ「妖怪ウォッチ」の第39話が、アニメ専門チャンネルやネット配信サイトなどで“放送休止”となり、運営社がお詫びしている。

アニメ専門チャンネル・アニメシアターX(AT-X)は、10月22日に「緊急:10/23(木)、10/25(土) 『妖怪ウォッチ』第39話 放送休止のお知らせとお詫び」と題する文書を公式サイトに掲載。「予定しておりました『妖怪ウォッチ』第39話につきましては、作品供給元のテレビ東京の都合により休止いたします」とし、第39話を飛ばす形で、第40話以降から放送を再開すると告知している。

また、配信サイトのバンダイチャンネルも同様の「『妖怪ウォッチ』39話の配信について」と題する文書を公式サイトに掲載し、「後日改めて配信いたしますので、時期が決まりましたら、当サイトにてご案内いたします」と、急なスケジュール変更を謝罪した。

「妖怪ウォッチ」第39話は、次々と人間に取り憑き、どうでもいいウソをつかせる妖怪“U.S.O.”が登場。ピンクレディー「UFO」のイントロ部分をパロディにして、取り憑かれた人々が“USO(ウソ)”と踊りながらウソを告白するという事態が街の至るところで発生し、大変なことに……。また、ほかに「スター・ウォーズ」のパロディ「スペース・ウォーズ」が登場するレジェンド妖怪“ネタバレリーナ”のエピソード、さらに「孤独のグルメ」のパロディ「給食のグルメ」第2話も放送された。



 また同様に、「ニコニコ動画」「バンダイチャンネル」「hulu」などでも急きょ第39話の配信休止が発表されています。こちらは一時的なもので「後日改めて配信いたします」とのこと。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「妖怪ウォッチ」39話が放送・配信休止に ネットでは「パロディのやりすぎ?」との声

 AT-Xで10月23日、25日に放送が予定されていた、アニメ「妖怪ウォッチ」第39話が急きょ放送休止になったことが分かりました。AT-Xのサイトにお知らせとおわびが掲載されており、それによると「作品供給元のテレビ東京の都合により休止いたします」とのこと。

 また同様に、「ニコニコ動画」「バンダイチャンネル」「hulu」などでも急きょ第39話の配信休止が発表されています。こちらは一時的なもので「後日改めて配信いたします」とのこと。

 念のためテレビ東京に問い合わせてみましたが、残念ながら「都合により」以上のコメントはできないとのこと。39話の内容は「妖怪USO/妖怪ネタバレリーナ/給食のグルメ」の短編3本。ピンクレディーの「UFO」や「スター・ウォーズ」「孤独のグルメ」などのパロディシーンが含まれており、ネットではこれらが原因か、とも言われています。