o09370601youkai11


今年1月にアニメ放映がスタートし、瞬く間に関連グッズが完売するなど、今年に入って人気が爆発した『妖怪ウォッチ』。小学生を中心に大ブームを巻き起こし、6月26日には東京駅一番街に続き、ダイバーシティ東京プラザでも専門ショップがオープンする。 今年1月にアニメ放映がスタートし、瞬く間に関連グッズが完売するなど、今年に入って人気が爆発した『妖怪ウォッチ』。小学生を中心に大ブームを巻き起こし、6月26日には東京駅一番街に続き、ダイバーシティ東京プラザでも専門ショップがオープンする。

ブームの中心を担うのは男子小学生だが、実は「親子そろってファンです」という家庭も少なくない。オトナまでを魅了する『妖怪ウォッチ』とは一体!? まずは作品についてご紹介しよう!

 そもそも『妖怪ウォッチ』とは、『イナズマイレブン』や『ダンボール戦機』などの生みの親・レベルファイブが制作したニンテンドー3DS用ゲームソフト。2013年7月に発売して以降、1年足らずで累積販売数100万本を突破した。

「世間ではモンスター系のゲームが多く作られていたので、次は何がくるだろう? と考えた時に“次は妖怪だ!”とのインスピレーションが湧きました」と同社代表の日野晃博さんが話す通り、同作品のテーマはズバリ“妖怪のいる日常”。舞台となるのはどこにでもある普通の町だ。ストーリーは、ある夏の日に小学5年生のケータが、神社の裏で“妖怪執事”を名乗る妖怪・ウィスパーに出会い、普段は見えない妖怪と友達になれる腕時計「妖怪ウォッチ」をもらったことから始まる。

 町に暮らす無数の妖怪たちとバトルをして、勝利することで妖怪は仲間(友だち)になる。次のバトルでは「妖怪ウォッチ」に「妖怪メダル」をセットして呼び出せば、出てきて仲間として戦ってくれる――と、ゲーム設定自体は一般的なもの。では、この爆発的ヒットの要因とは!?

「ひとつはクロスメディアを取り入れたことです。ゲームから生まれたアニメ、コミック、おもちゃなどの総合的な連動によって、人気の相乗効果が生まれたのでは」(日野さん)。その起爆剤のひとつとなったのが、ゲームの垣根を越えてイキイキと動き回るカワイイ妖怪たちだ。なかでも、今もっとも人気者となりつつある2体を紹介しよう。

記事抜粋
詳しくはこちら 
アメーバニュース
http://news.ameba.jp/20140626-60/  



★楽天市場で探す 妖怪ウォッチ 元祖/本家★
★楽天市場で探す 妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチタイプ零式★

★Amazonで探す 妖怪ウォッチ 元祖/本家★
★Amazonで探す 妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチタイプ零式★